中国語で一番難しい漢字、ビャン(Biang)

中国語で一番難しい、複雑とされる漢字はBiang(Biang)です。
それで、この漢字にまつわる話を調べてみたり、生粋の北京っ子にこの漢字について尋ねてみました。

ビャンの字画数

ウ冠にハの字(=あなかんむり)、言、幺幺(糸頭)、長長、馬、心、月、リ(かたな、りっとう)、辶を組み合わせた非常に複雑な漢字です。

カタカナ表記した場合の発音

ビャン

ビアン

ビィアン

繁体字の字画数

57画

書き順
ビャン
ビャンの書き順
wikipedia / Myheimu
簡体字の字画数

42画

中国語で最も難しい料理名ビャンビャン麵

中国にはBiangBiangという料理が存在します。

BiangBiang
BiangBiang
ビャンビャン麺
ビャンビャン面
biáng biang miàn

きしめんのような帯状の麺料理。うどんに似ているが、伸ばした後で切らないまま茹でて食す。長いものだと1 mに達する。

ビャンビャン麵の看板を掲げているお店の外観
お皿に盛られたビャンビャン麵 [Photo by flickr : Gary Stevens / Biang Biang Mian closeup, Xi’an Famous Foods, Flushing NY]

biangの発音とピンイン

拼音(ピンイン)と声調は、次の通りとされています。

普通话

biáng biang miàn

西安方言

biáng biǎng miān

しかし実際には、日本語で自然にビアン ビアン ミエン(またはビャン ビャン ミエン)と言った時のイントネーションの方が正しい。(普通话を話す生粋の北京っ子に確認済み)

でも普通话にはbiangという音は存在しない

基本的に普通话の発音は[声母+韵母]で構成されますが、[b + iang]で表すbiangという音節は普通话には存在しません。([x + iang]で表すxiang(想)等なら有るけど)
そのため、次のような類似音を持つ漢字が併用されています。

  • 比昴比昴麺(biáng biang miàn)
  • 棒棒麵(bàng bàng miàn)
  • 梆梆麵(bāng bāng miàn)

また、このBiang(Biang)という漢字は方言字のひとつであり、普通话では使わないため、前出の北京っ子は今まで使った事もなければ、読み方も正確には知らなかったとも言っていました。

擬音語が由来

このBiang(Biang)という漢字が当てられているのは、擬音語が由来だとされています。しかし未確定です。

例えば、BiangBiangの調理の際に麺を伸ばす時の音など、諸説あります。

書道家の青柳美扇が書いたBiang

青柳美扇
名前
あおやぎ びせん
生年月日
1990年4月21日
出身
大阪府
職業
書道家
書道パフォーマー
略歴
空間プロデュース・アートディレクションも行っており、旅館/オフィス/飲食店などの空間プロデュースもおこなう。
肖像

(Twiiterの動画が表示されない場合はこちらのページで試してみてください。)

words

Posted by admin