皆が知らない「want to」の使い方

多くの人が「want to ~」=「~したい」と認識しています。確かにその意味もありますが、必ずしもそうとは限りません。
そしてその認識のままネイティヴと会話すると、とんでもないことになります。
ここでは、英語初心者が知らない「want to」の使い方を説明します。

  • 「want to ~」=「~したい」と固執するのは良くない
  • 必ずしも「Do you want to ~」=「~したい?」ではなく、「~してくれない?」や「~しない?」という意味になる
  • これは誰かにお願いをしたい時や、何かに誘う時に使える
  • 「Can you ~」よりも更にカジュアルな表現になる

「Can you ~」を更にカジュアルにすると「Do you want to ~」になる

たぶん多くの人が、「~してくれませんか?」と依頼する時の丁寧な表現が「Would you like to ~?」で、「~してくれない?」とカジュアルな表現なら「Can you ~?」だと思っていると思います。

でもネイティヴは更に口語的でカジュアルな表現として「Do you want to ~?」を使うのだそうです。

Would you like to ~?

~してくれませんか?(丁寧)

Can you ~?

~してくれない?(カジュアル)

Do you want to ~?

~してくれない?

Can you ~? の更に口語的でカジュアルな表現。

一見すると、「Do you want to ~?」と疑問文なので「あなたは~したい?」とも読めてしまいます。でもこれは質問ではなく提案です。

言ってる本人としてはただ行かない?と誘っているだけなのに、聞き手が間違って解釈すると君は行きたい?君がそう言うなら行ってもいいよみたいに、何か上から目線で偉そうに言っているように聞こえます。

Do you want to grab a drink (and talk)?

○:飲みに行かない?

×:あなたは飲みに行きたい?

Do you want to carry that? I will carry this.

君はあれを運んでくれない?私はこれを運ぶから。

・・・道理で、ネイティヴと微妙に齟齬が生まれるわけです。

「Do you want me to ~」で「~しようか」にもなる

「~しましょうか」と提案するなら、次のような表現があります。

Would you like me to ~?

~しましょうか?

(Do) you want me to~?

~しようか?(とてもカジュアル)

  • May I ~?
  • Should I ~?
  • Shall I~?

これらよりもカジュアルになる。

Doは省略できる

文頭に付いているDoは省略できます
You want me to~?などの形にすることができます。

返事の仕方

返事の仕方は割りと自由で、このような返事でOKです。

Yes

はい

Sure
Of course

もちろん